-

現実にノートパソコンの画面の前に座り、いつも動いている為替相場を眺めていると直ちに売り買いをしたいという衝動に影響される場面も少なくありません。しかしながら、ぼんやりした感覚で売買することだけは、絶対に避けてほしい。知っての通り、マーケットは24時間、常時どこかの国の為替相場はオープンしているしレートもいかなる時でも、変動しています。しかし、何度も注文を積み重ねるとそれだけで損をする危険性が高くなります。もちろん、エントリーの数を経験することによって、じょじょに勝利する可能性が半々になるのは周知の通りです。でもこの事実は「なんだか分からない直感でエントリー」することとは別の話だ。エントリー回数を増やすとは、自分が「ここがチャンス」と思えるチャンスを得られたところでのトレード回数を重ねるという事を言っています。ただ、休む間もなく売り買いを積み重ねるのとは大きく異なります。マーケットの勝負に勝つためには自ずから意識的にメリハリをつけることこそが大切です。「ここで勝負」とよく考えた市場の時には、覚悟を決めてポジションを多くして意識して利益を狙います。「明らかに難解なマーケットでどう推移するのかわからないな」と思案した時は諦めて売買ポジションを全部クローズして何もしない。このぐらいの緩急をつけた方が結果的には取引は勝利します。外国為替相場の金言には「休むも相場」というものがある。まさにその通りです。取引とは常に売買ポジションを持っていることが重要ではなくどのポジションも保持せず待っている事も状況によっては、相場なのである。それでは、どういった時に、休む必要があるのでしょうか。最初に言われるのが先述した通り、これからの外国為替市場が具体的に判断できない時です。今からどうなるのか見通せない時は思いつきで行動すると、自身の考えた物語とは逆方向に為替相場が変化してしまい、損をする事になります。だから、このような場合はポジションを整理して、そのままの状態で静観しているのが最良の選択です。第2に、あなたの体の具合が変なときです。体の具合とマーケットに関係がない思う方もいるだろうが。現実には思ったより影響を与えます。健康状態がすぐれなければ、相場の重要な場面で必要な決断が出来ない場合があります。やる気がわかない時は相場から離れる事も大事なことだ。

Category

リンク