-

外為取引の投資の対象は、世界各地の流通貨幣です。貨幣についての知識を勉強していこうと予定しています。・流通貨幣には「基軸通貨」という名称で称されている公式通貨がございます。基軸通貨とは、決済や金融の取引について使われる流通通貨のことを指し、今日では$(米ドル)を意味します。以前は英ポンドが基軸通貨でありましたが第二次世界大戦の後は米ドルになりました。売買されている貨幣の種類は他で言うところの外貨の投資に比べて非常に多いというのが特性というのがあります。FX会社間によって、取り扱う公式貨幣の種類においては、異なっているのですが、普通ではおおよそ20種類あるようです。その中でも動きが高い数値の公式貨幣を、メジャー通貨と言います。流動する性質が高いという意味は、売買がたくさん行われていて、公式貨幣の売買が簡易なのです。メジャー公式貨幣には上記で基軸の通貨のアメリカ合衆国ドルに、日本の円、?(ユーロ)3種の貨幣が存在しており世界の3大通貨名付けられております。スイスのフラン、ニュージーランドのドル、カナダのドルなどが準メジャー通貨と言われています。動きが少ない通貨はマイナー通貨と言われて、相対的国の勢力や経済力が乏しい国の流通通貨で南アフリカランドやインドルピー、トルコリラなどがメジャー通貨に関しては売買しているレベルが豊富なという事もあり値の乱調が堅調で、ニュースの量も多くいきかっているとのことです。マイナー通貨においては、利子が高額な場合が多いというのがあるので、価格の起伏が激しいとの事です。値の高安が激しいということは、沢山な利益を獲得する幸運に恵まれる機会がありますが儲けがある分リスクも大きくて冒険事があげられます。それと同時に変動が小さい流通貨幣という訳ですので終了したい時でも決済が及ばないと予想される事があります。どの通貨を選ぶかという事においては各々の流通貨幣の性状を詳しく検討してから取り組む事は大事であるのではないかと感じます。

Category

リンク