-

普通の初心者向けの外為取引の教科書では「損をした状況ではナンピン買いすることでポジションの平均をコストを小さくする」などと記述されているが、実際にはここには目に見えない危険性があると思います。ナンピンのロジックに関して分かりやすく説明しておきます。仮定として100円で1ドルを買ったとします。$買いということで、円安に動くほど利益を得られますが運悪く95円まで円高に振れてしまったとします。このままの場合ポジションを保持し続けたらプラスになるためには損失分円安ドル高が進まなければなりません。マイナスは早急に取り戻したい考えます。そのためはじめに売り買いしたのと同じ量のドルを、1ドルを95円で買い増しする。これで、平均の価格は1ドル=97.50円まで下げることができますこれで、半分の幅で円安が進めば損を回復する事ができます。この流れがナンピンの理屈です。このような、ナンピン買いの理論を聞くと、「確かに」という考えになるがマーケットはそう容易には問屋を卸しません。最初から、95円以下にならないとは、誰も想像できません。仮に、マーケットがかなりの円高トレンドだとしたら、1ドル95円では下げ止まらずにさらに一層ドル安に向う可能性はあります。1ドル=97.50円でナンピンをした時に、1ドル95円までドル安が速んだら、ナンピンを入れた分についても為替差損が生まれてしまいます。そういう状態では初めに売買したドルとあわせて、倍のマイナスを被ることになる。それほど、ナンピンは難解です。ならば、為替が自分自身のストーリー展開とは逆の方向に向ってしまった場合いかなる手段で危険性を管理すればいいのでしょうか。そこで選べる選択肢は限られています。まずひとつめは潔くあきらめて、ポジションを閉じる事です。別の方法としては、現在、持っている買いポジションを小さくする事によって、改めてマーケットが元のようになるのをひたすら待つ事です。ずいぶん受動的な術だと感じる方もいるだろう。だが、自分の持っているポジションに損が生まれた場合、正しいやり方はこの他にはあるはずがありません。理論としては、ナンピンをするという術もあると思います。けれどもナンピン買いは、あなたが損失を披っている状態で買いポジションを整理するどころか逆にポジションを重ねていく手法です。この手段では、危険を避けることなど、とてもできないと思ったほうかいいだろう。ナンピン買いをし続けられれば最終的には利益を上げられるかもしれません。けれども、それより前に資金がマイナスになってしまいます。

Category

リンク