-

クレカを解約することに間して言えばそれは案外簡便なのだが使用取りやめにする前に注意しておきたいポイントについても理解しておくだけで無効化に関してもうまく終わらせることが可能になるだろう。

気をつけるべきことをしてみたので出来れば、気をつけてみてほしい。

クレジットカード申請を終えた後半年も経たずいきなり解約するのは控えるべき:クレカ発行したあと時間を置かないで即座にクレカを試用不可能化すると、要注意人物などとクレジットカード会社にに処理されるありがたくない出来事が起こり得ます(特殊な例として度々登録⇒解約という作業を繰り返したというとき)。

あり得そうなのは申請時の商品券プレゼントを狙った登録のときには、プリペイドカードまたは限定特典といった加入時のサービスを獲得したというような理由で即契約解除の電話をしたくなるような人情もうなずけます。

とは言うもののカードサービス会社サイドの論理で検討してみれば計算高い顧客においてはもう会社のクレジットカードを持って迷惑をかけられたくないと判断するとしても不自然ではありません。

それゆえ、仮に加入時のサービス・ポイントを狙ってカードを申し込んでしまったとしても直ちに解約しないで最小でも180日、出来れば登録後365日以上は所持しているクレジットカードについては使用可能な状態にしてその後解約するということをするべきだと念を押したい。

他には申請時の限定特典に限定されず、薦められて作ってみたものの使いづらいからなどと考えてしまう様な場合でも最少でも180日経つ間は届いたクレカを所有し続けておくべきです。

カードをもらう側が思っているのとは裏腹にカードという代物を新規に交付する用の経費は避けられないものですので、ほんの気持ち程度のゆとりを与えてあげようというように考えて余裕あるコミュニケーションを取って頂けることが出来ればお互い悪い気分にはならないように思います。

Category

リンク