-

民事再生という手段は住宅ローン等も含む多重債務に苦しんでいる債務者を念頭においてマンションを手放すことなく金銭的に立ち直るための法的機関による債務を整理する方法として平成12年11月にはじまったルールです。債務整理をやろうと思ったら

自己破産制度のように免責不許可となる要件がないので、ギャンブルなどで借りたような場合もこの方法はOKですし破産申告をすれば業務の停止になる可能性のある免許で生計を立てているような人でも手続きが検討可能です。

破産手続きの場合は、マイホームを手放さないことは不可能ですし任意整理や特定調停などでも圧縮した元金を戻していくことが必要ですので住宅のためのローンを含めて返していくのは現実として簡単なことではないでしょう。

しかし、民事再生という方法を取れれば、マンション等のローンを除く借入金は場合においてカットすることが可能なため、余裕を持ちつつ住宅のローンを払いながらそのほかの借金を支払っていくことが可能ということになります。

しかしながら、民事再生という選択は任意整理による処理特定調停などと違い一部の債務を除いて手続きすることは無理ですし破産手続きに適用されるように借金自体が消えてしまうのではありません。

さらには、そのほかの解決手順に比べ手続きが時間もかかりますのでマンション等のローンがあって住居を維持したいような時以外の、破産手続き等といった他の債務整理ができない場合の限定的な方法と見ておいた方がいいでしょう。

Category

リンク